「佐保姫」

 

作詞・作曲・編曲:長谷川万大

 

 

低い雲を広げた帰り道 そこまで春は来てるというのに

空の色もあなたも 顔色ひとつ変えないで

 

卒業式の前に少しだけ 会った時のいつものあの微笑み

わずかな希望だけれど 信じてみたかった

 

春に別れが多いのは 風のいたずらですか

それとも冬につかれた 神様の気まぐれですか

 

 

歳を重ねてゆけば誰にでもきっと なつかしく想うひとがいる

もしそれがあなたなら 今日までの私は何?

 

夢中になった時に 唇をかんだ横顔がとても好きだった

私にだけの姿と 思い込んでしまってた

 

胸をしめつける魔法が 解けるのはそうきっと

あなたに忘れられる時 花弁が散ってゆく時

 

“いつかどこかで”の約束 あてのない口約束

せめてさよならの代わりに 守り切れない約束を

 

 

こんなにもあたたかく 何よりも綺麗な花が咲く季節なのに

それと引き換えのように 悲しい季節なのね

 

春の神様がもしいるのなら どうか私の中からあなたを

消していってください 心がかるくなるから

 

ライナーノーツはコチラ  

 

 

(ミニアルバム 「Vintage」収録)

 

 

コメント: 0